環境のために壁面緑化を取り入れよう!イメージアップの効果もあるよ!


環境を考慮して壁面緑化を取り入れる

人は他の動物と違って火を操れ、料理をするだけでなく暖房や必要な物の生産などにも使います。しかし、火を使うと酸素を消費して二酸化炭素を排出するので、人等の動物が生きていくための酸素がどんどん少なくなる可能性が出てきました。環境を考えるとできるだけ二酸化炭素の排出を抑える行動が必要ですが、その他に植物を増やして二酸化炭素を削減する取り組みもあります。都市部でも行える植物の増やし方としてあるのが壁面緑化で、建物の壁に這わせたり壁に植物が置ける仕組みを用いて植物を増やしていきます。一つの建物だけ行っても効果はあまりないかもしれませんが、多くの建物で行えば植物を劇的に増やせるので、二酸化炭素を減らすのに役立つでしょう。

都市空間に緑を増やせる

森林浴は森などで自然に触れながら活動すればでき、自然が多かった時代であればわざわざ森に行かなくてもできていたのでしょう。都市化が進むとどんどん森林などが破壊され、それに代わって道路や建物が作られていきます。多少緑はあるものの、森林に比べると緑が視界に入る率は少ないと言えそうです。壊した森林の緑を取り戻す方法として壁面緑化があるので、壁のある建物を保有しているなら検討すると良いでしょう。通常の植物は地面から生えるので、建物の下の部分にしか緑は見られませんでした。でも壁面緑化なら建物の壁に緑を設置できるのでで、建物の上から下までを緑にできます。見る人にリラックス効果を与えられますし、建物所有者のイメージアップ効果も期待できそうです。

壁面緑化とは、建物の壁を植物で覆うことです。それにより温度変化が緩和し、省エネ効果があります。また植物の光合成によって空気の浄化も期待できます。これらは、地球温暖化対策として注目されています。