メタル?プラスチック?メガネフレームの素材は個性で選ぼう!


メガネのフレームの素材にはどんなものがあるの?

一般的なメガネに使われるフレームの素材には、大きく分けて「メタル(金属)」「プラスチック」「コンビネーション」があります。どのタイプのフレームにすればよいか迷ったときは、それぞれのフレームが見た人に与える印象を考えてみましょう。

メタルフレームはクールな印象

キラリと光るメタルフレームのメガネは、クールで知的な印象を与えます。信頼感の大切なビジネスシーンで活用したいフレームです。細く目立たないフレームが多いので、メガネをかけていることを強調したくない人にも向いています。

真面目?お洒落?プラスチックは自由自在!

プラスチックのフレームは、さまざまな色を楽しむことができます。太くて目立ちますから、メガネがその人の印象として強く残るのが特徴です。そのため、カッチリとした四角いフレームなら「真面目な人」、流行の色・形なら「お洒落な人」、クラシカルなウェリントン型なら「洗練された人」などと印象を自由に操作しやすいのです。

コンビネーションは存在感たっぷり

コンビネーションのフレームとは、たとえば、リム(レンズ周り)の上部とテンプル(ツル)がプラスチックでリムの下部がメタルになっているような、異素材が組み合わされたタイプです。色を強調したメガネも多く独得の存在感があります。かける人の個性を引き出して記憶に残るため、自分を印象づけたい自由業の人や接客業の人に愛用者が多いメガネです。

簡単にイメチェンできる!2本目のメガネを持とう

職場では目立たないメタルのメガネをかけている人がプライベートでプラスチックのお洒落なメガネをかけているのを見たら、思わずハッとします。普段のメガネとは違う素材のメガネを持つと、そのようなイメージチェンジが簡単にできるのです。仕事用、デート用、スポーツ観戦用など、場面に応じて素材を使い分けると暮らしが楽しくなるでしょう。

メガネを洗剤や石鹸で洗う人がいますが、表面のコーティングが取れてしまうので良くありません。専用の洗浄スプレーなどを使うのが向いています。