嫌な臭いとはおさらば?電子タバコを楽しもう!


新たな嗜好品その名は電子タバコ

嗜好品であるタバコにはいくつか種類があります。一般的な紙巻きタバコ、葉巻、パイプ、水タバコ、嗅ぎタバコなど味や喫煙方法は様々です。ここに新たに加わるのが電子タバコ。どういったものかというと、火を使わずにコイルなどの電熱線を加熱し液体やタバコ葉から出る水蒸気を吸引するものです。ヴェポライザーやヴェイパーと呼ばれるものもこれに該当します。副流煙やタバコ独特のにおいが出ないため利用者が増えています。

奥深きリキッドの世界

電子タバコには禁煙パイポのように使い切りタイプのものや自分でリキッドと呼ばれる液体を補充するものがあります。ここで紹介するのはリキッドを使ったものです。リキッドには香料で香りと味がつけられており、その種類は選ぶのに困るほど豊富です。コーヒーやフルーツ味などはもちろん、面白いのでは某有名飲料水と同じ味を謳っている商品もあります。ニコチンを混ぜることも出来るので、そちらを使えば本来のタバコに近い満足感も得ることが可能です。しかし、日本ではニコチンの入ったリキッドは販売されていないので、どうしても欲しいのであれば国外からの個人輸入に頼るしかありません。その際には、一度に購入していい量が決まっているので注意が必要です。

ニコチンが入ってなくても電子タバコを楽しむことは可能で、特に自分でリキッドをブレンドすることを覚えるとハマる可能性大です。なにしろリキッドの種類は沢山あるのでいろいろ試してみたくなります。紙巻きタバコを吸っていたころよりも財布が軽くなるなんてことも。どちらにせよマナーを守って電子タバコを楽しみましょう。

電子タバコにはニコチンリキッドが良いでしょう。液体なので扱いやすいだけでなく、使い方も簡単なので便利です。