タバコと電子タバコの煙は同じ?価格はどれくらい違う?


煙ではなく水蒸気を吸って楽しむ

タバコは古くからある嗜好品で、タバコの葉を火で燃やしその時に出る煙を吸って楽しみます。その煙の中に香りであったりニコチンの成分が入っていて、体内に入れると気分を良くする効果があるようです。ただ、燃焼時の煙には有害物質が多くあり、それが体に悪影響を与える原因になっています。電子タバコはタバコの名前が付いていますが、タバコの葉を使う嗜好品ではありません。リキッドと呼ばれる液体を電気で加熱して水蒸気を発生させそれを吸って楽しみます。日本で売られているリキッドはニコチンが入っていないので、主に香りを吸って楽しむ嗜好品と言えそうです。電子タバコから出る白い煙は水蒸気なので燃えカスなどが発生しているわけではなく、健康上の問題もあまりないでしょう。

電子タバコは特別な税金がかからない

それぞれの国には税金の制度があり、日本ではタバコにかなり高い税金がかけられています。通常なら製造コストに利益を加えた価格で売ればいいのでしょうが、その上に税金が課されるので購入者からすると負担が大きくなります。国からすると価格を上げて購入しづらくし喫煙者を減らす意図もあるようです。電子タバコはタバコの名前が付いていますがタバコと異なる嗜好品で、タバコに課される税金はかかりません。楽しむためには本体とリキッドが必要ですが、同程度の時間楽しむのを考えるとタバコに比べて電子タバコの方がかなり低価格で楽しめるようです。価格の上昇でタバコをやめようか考えている人にとって電子タバコは利用しやすい価格なので、乗り換える人が増えていくでしょう。

vapeは電子タバコで加熱式タバコではありません。ニコチンは一切入っておらず、香料フレーバーの蒸気を吸うといった機器です。