貰ったら返さなきゃ!内祝いってみんなどうしてる?


カタログギフトのメリットとデメリット

結婚や出産など、おめでたいことがあった時、お祝いをもらった方へお返しをします。これが内祝いです。最近メジャーな内祝いとして、カタログギフトがあります。金額も1000円程度から数万円のものまであるなど幅広く、インターネットから注文すれば直接相手宅へ配達してもらえるので、送る側も楽チンな便利ギフトです。また、相手の好みが分からずとも自由に選んでもらえるので、大変送りやすいギフトです。

ですがその一方、手を抜いた贈り物という印象があるのも事実です。また、送料やカタログ代込みでの価格なので、5000円分のカタログギフトを贈っても、商品自体の金額は5000円に満たないというデメリットもあります。

喜ばれるギフトって何だろう?

カタログギフト以外にメジャーなギフトというと、タオルや洗剤といった日用品があります。ですが、タオルの柄の好み、洗剤の匂いの好み、そこまで考えると、これらを送るのも実は結構難しいのです。食べ物を贈る場合も好みを知らないと難しいですし、直接持っていく場合は問題ありませんが、宅配で贈る場合は相手が不在だと商品が傷んでしまう可能性もあり、更なる配慮が必要となります。

ギフト券や相手の趣味に関連したものなど、考えれば考えると程深みにはまる内祝い選びですが、ギフトとは相手のことを考えて選ぶところに意義があると思います。相手を思って心を込めて選んだギフトは、その気持ちが必ず伝わるはずです。ギフトそのものより、一生懸命選んでくれたその気持ちと、添えられた感謝の手紙が一番喜ばれる贈り物なのではないでしょうか。

出産内祝いには赤ちゃんの名前を入れたのしやメッセージカードを添えるなど、品物を贈るだけでなく感謝の気持ちも伝えることが大切です。